日本とドイツの再エネとそのデータの活かし方を考える(5/24イベント報告)

By 2018年5月25日イベント

日独の自然エネルギーやエネルギー長期目標、デジタル化への本気度の違いを痛感しました。

以前のBlogでもお知らせしたとおり、2018年5月24日(木)に東京・新橋にてクラブヴォーバン主催イベント「日本とドイツの再エネとそのデータの活かし方を考える」の中で、「データと実務で理解する日本の自然エネルギーの明暗」と題してEnergy Chart、日本のエネルギー政策、メガソーラーのトラブルなどについてお話しさせていただきました。加えて、まだエナジーチャートのデータ更新はできていませんが、2018年1月の東京での大雪の影響による電力需給状況も紹介しました。後日ブログに掲載するとともに、2018年1月〜3月分の電力需給のグラフを更新していきます。

一方、ドイツ在住のコンサルタント西村健佑さんは「データを活かすエネルギーのインダストリー4.0、Utility4.0と自然エネルギーの活かし方」と題して、VPP(仮想発電所)をはじめデジタル化でエネルギーシステムや市場が変わってきており、今後さらに大きな変革が起こることが予想されているとのことです。ドイツからの報告で最も興味深かったのは、近い将来のドイツの1次調整力市場で最も機動的に調整を行うのは蓄電池となり、2次調整もバイオマスや需要側含めて行なっていくだろうという考え方です。また、西村さんの講演タイトルにもなっているUtility 4.0というドイツ語の報告書の結論からは、全てがデジタル化・ネットワーク化していく中で、既存電力も新規企業もチャレンジしなければ退場することになるだけというメッセージが強く打ち出されていました。

実は西村さんとは私が2010年にドイツに留学していたころに同じ研究科に所属していました。それから時間が立ってお互い経験を積み、このような場で並んでお話させていただく機会をいただけたことに感謝しております。

(ISEP主任研究員 山下紀明)

The event report of “renewable energies of Japan and Germany and how to utilize data” on May 24th

 

I realized the difference between Japan and Germany in terms of renewable energy, the long-term energy goal and the attitude towards digitalization.

There was an event organized by Club Vauban called “Renewable energies in Japan and Germany and how to utilize the data”. At the event, I talked about the Energy Chart, Japan’s energy policy, large-scale solar issues etc. The whole talk was entitled “Light and Darkness of Japanese Reneable Energy Understanding in Practice”. In addition, although I have not been able to update the electricity chart yet, I also introduced the electriity supply and demand situation due to the influence of heavy snow in Tokyo in January 2018. We will post the information on the blog later and update the graph of electricity supply and demand from January to March 2018.
Meanwhile, consultant Mr. Kensuke Mishimura who lives in Germany mentioned that VPP(Virtual Power Plant) and other energy systems markets. His point was that further reform might occur in energy industry in the future. His talk was entitled “Industry 4.0 of Energy using data , utility 4,0 and how to make use of renewable energy”. The most interesting report from Germany was that the idea saying that battery will play central roll in the primary control reserve market in the near future and secondary control reserve will be carried out by biomass and demand-side management. Also from the conclusion of the report, existing power and new company might have to leave if they do not challenge themselves.
In fact, Mr. Nishimura and I went to the same graduate school in Germany in 2010. I’m grateful that there is this special opportunity to make a speech with him. It is special for me to talk to him after we both build up our experiences.
(ISEP Senior Reseacher Noriaki YAMASHITA)