電源構成を調べる

By 2018年2月14日電源構成
自然エネルギー合計 27.4%(490,956MWh)

2016年5月4日 全国 電力需要に占める自然エネルギーの電源構成

ISEP Energy Chart「電源構成」では、全国や供給区域別に期間を選んで、需要に対する電源構成、供給量に対する電源構成を表示することができます[1]

今回は、1年間のデータがそろっている2016年度の自然エネルギー割合を取り上げます。

図は2016年度に全国で水力を含めて1日の自然エネルギー割合が最大となった5月4日の全国の電源構成比グラフです。自然エネルギーの割合は27.4%、その中では水力の15.6%に続いて太陽光が9.5%となっています(ただし、自家発電、自家消費分は含んでいません)。

また、各エリアで見ると、2016年度に1日単位で最も自然エネルギー割合が高いのは、北陸電力エリアです。全国と同じく5月4日に自然エネルギー割合は61.7%となっていて、その8割が水力発電です。

水力発電を除いた場合に、最も自然エネルギー割合が高くなるのは2017年3月27日の九州電力エリアの24.2%で、太陽光発電が9.8%と大きな存在感を示しています。

対象地域や期間を変えて、自然エネルギーの構成比率をぜひ調べてみてください。


[1] この記事の執筆時点(2018年1月)で、2016年4月から2017年9月までのデータが公開されており、この期間のデータのみが表示可能となっています。


Studying RE shares in electricity demand or production

 

In the “RE shares in electricity demand or production” section of the ISEP Energy Chart, The graph of the composition of electricity of the selected power provision region can be viewed[1].

This time we will be looking at the renewable energy share data in the fiscal year 2016.

The figure shows the RE share graph of the entire country (including Hydro) at its maximum output on the 4th of May. The share of renewable energy was 27.4%. Within this, hydro power accounted for 15.6% and solar PV made up 9.5% (excluding self-consumption).

As with the country as whole, the Hokuriku regional grid reached its maximum share of renewable energy of 61.7% on the 4th of May, with hydro power accounting for 80% of renewable energy generated.

If we were to exclude hyrdo, the date with the highest share of renewable energy would be on the 27th of March 2017 in Kyushu regional grid at 24.2%, with solar PV showing a large prescence, accounting for 9.8% of renewable energy generated.

Please feel free to change the region and time frame to compare the differences between the renewable energy share.

 


[1] During the time this was written (January 2018), only data from April 2016 to Septemper 2017 has been released, thus only data from this time period can be displayed.