1時間あたりの自然エネルギー割合最大値は?

自然エネルギー割合 86.9%(自然エネルギー発電量6,782MWh/需要7,804MWh)

九州エリア 2017年5月14日(月)

ISEP Energy Chart「発電量の推移」では、全国や供給区域別の電力需給データについて、電源種別の発電量を時間軸上に積み上げて表示することができます[1]

今回は、2017年度での自然エネルギー割合が最大となった時間を取り上げます。

図は、自然エネルギー割合が高いと言われる九州電力の2017年5月14日(月)の需給グラフです。この日は、11:00に電力需要に対して自然エネルギー発電量が86.9%を記録し、2017年度上半期の最大値となっています。

グラフの該当部分のデータを詳しく見ると、需要7,804MWhに対して、自然エネルギー発電量が6,782MWhとなっています。この時間帯の前後は、連系線と揚水発電を両方使って、余った電気を調整していることがよくわかります。(グラフの縦軸で見て0より下の紫と薄い水色部分)

また日本全体で見ると、2017年度上半期では4月30日(月・祝)の11:00に電力需要に対して自然エネルギー発電量が52.4%を示し、最大となっています。

これらの最大値や最小値は「探索」から探すことができます。お住いの地域や研究対象の地域のデータをぜひ調べてみてください。


[1] この記事の執筆時点(2018年1月)で、2016年4月から2017年9月までのデータが公開されており、この期間のデータのみが表示可能となっています。


What was the largest proportion of renewable energy in a single hour?

 

In the Electricity generation and demand graph, the graph of power generation from each different source for a selected time frame can be viewed for each of the 10 grid operator or the entire country.

This time we will be finding the date and time when renewable energy hit its highest proportion of the energy supply in 2017.

The figure above shows the energy supply and demand of Kyushu, which is said to have a relatively high renewable energy proportion, on the 14th of April 2017.
On this day, at 11:00 the renewable energy proportion of demand records a share of 86.9%, the highest value for the first half of 2017.

Looking at the relevant parts of the graph, Renewable source are producing 6,782MWh compared to the demand of 7,804MWh. Around this time period, it is evident that power lines and pump hydro systems are being used to adjust the excess electricity generated. (Purple and light blue bars that go lower than 0)

However looking at the nationwide graph, the maximum of the first half of 2017 occurred at 11:00 on the 30th April, national holiday, where the renewable energy accounted for 52.4% of energy demand.

It is possible to use the search function to find the maximum and minimums. Please look up data on your own region or areas of your research.


[1] During the time of this writing (January 2018), only data from April 2016 to Septemper 2017 has been released, thus only data from this time period can be displayed.