太陽光発電の急拡大

3,846MW(1990年度)→ 50,540MW(2016年度)
約13倍!

1990〜2016年度 全国 自然エネルギー累積設備導入量

ISEP Energy Chart「累積設備導入量」では、1990年度から2016年度までの全国の自然エネルギー発電の累積設備導入量を表示することができます。ここでの自然エネルギー発電には、小水力(10MW以下)、バイオマス、地熱、風力と太陽光が含まれています[1]

自然エネルギーの導入量は固定価格買取制度(FIT法)が施行された2012年度以降に、太陽光発電を中心に急拡大しています。この結果、1990年度と2016年度の累積設備導入量を比べると、3,846MWから50,540MWへと約13倍になっています。

太陽光の累積設備導入量は1990年度から2011年度までは27%の年平均増加率で増えていました。FIT法が導入された2012年度以降は、52%の年平均増加率となっています。この大幅な増加の要因として、太陽光発電は比較的開発にかかる期間が短く、買取価格も有利であったため、多くの主体が参入したことが挙げられます。

1990年度と2016年度の太陽光発電の累積設備導入量は、32MWから39,089MWへと、なんと約1200倍になっています。2000年代前半には日本は太陽光発電導入量世界一を誇っていましたが、現在の導入量から振り返ればわずかな量に感じられます。さらに、世界的に太陽光発電の価格低下の勢いは凄まじく、系統制約や入札制度が大きな課題となっている日本でも、太陽光が引き続き拡大する可能性は十分にあります。


[1]発電量の推移」「電源構成」のグラフでは、10MW以上の大規模水力発電約47,000MW分を含んでいます。


The rapid development of Solar PV

 

In the ISEP Energy Chart “Cumulative Installed Capacity” graph, you can view the installed renewable energy generation capacity from 1990 to 2016[1].

After the introduction of Feed-in Tariffs (FITs) in 2012, newly installed facilities have been for the most part photovoltaic (PV) solar power. As a result, during this period, renewable energy generation has seen an increase of 13 times, from 3,846MW to 50,540MW.

PV capacity from 1990 to 2011 saw an average increase of 7% annually. After the introduction of FiTs in 2012, the average annual increase rose to 52%.People have suggested that this extreme increase has been due to solar PV taking less time to produce and having lower price point.

From 1990 to 2016, solar PV capacity has seen an increase of approximately 1200 times, increasing from 32MW to 39,089MW. During the first 5 years of the 21st century, Japan boasted the greatest installed capacity of solar PV in the world. However looking back now, it represented merely a small fraction of power produced. Despite the tremendous worldwide trend in the decreasing price of PV solar cells, grid constrains and the auction systems becoming large issues in Japan. There is still plenty of potential for the PV solar industry to continue to grow in Japan.


[1] The electricity generation by large hydro power plants more than 10 MW, approximately 47,000MW, is shown on graphs of “Electricity generation and demand” and “RE share.”