2017年10月〜12月データのアップデート

全国 2017年1月1日〜12月31日

各電力会社の2017年10月~12月のデータをアップデートしましたので、「発電量の推移」「電源構成」「探索」のデータに反映されています。

特に変更があったのは、「探索」の2017年度最小自然エネルギー電力の部分です。最小自然エネルギー電力の1日データ、1週間データともに10月~12月の値になった地域が多いです。一方、1時間データでは、春、夏でもより低い値を示しているところもあります。水力は一般的に春夏に多く、冬場に少なくなることが多いので、その影響も大きいようです。

興味がある方は、上図のように発電量の推移で2017年1月1日から12ヶ月を選択し、凡例の部分から水力、風力、太陽光などを残してみてください。(凡例をクリックすると表示/非表示が選べます。)地域による差も大きいので、見比べるのも面白いです。北海道電力は雪解けの影響が大きいようですし、沖縄電力は水力発電がほとんどありません。

また、2016年度データについても中部電力と東京電力で改訂がありましたので、そちらについては次回のBlogで書きます。

 


Updating data from October to December 2017

 

Since we updated the data of each electric power company from October to December 2017, it is now shown in the data of “Electricity generation and Demand“, “Renewable Energy Share in Electricity” and “Data Search

What changed in particular was the minimum renewable energy electricity of 2017 of “Data Search”. There were many areas where the values of the daily data of the minimum renewable energy electricity and weekly data became the values from October to December. On the other hand, in hourly data, there were places that showed lower values even in Spring and Summer. Hydropwer generate more in Spring and Summer in general and often less in Winter. Therefore its effect seems to be big.

If you are interested, please select 12 months from January 1st, 2017 in the trend of the amount of power generation and demand as shown above. Then please try to leave hydro power, wind power, solar PV etc. from the legend part; you can choose to show or hide each power sources by clicking the legend button. Since regional diffeences are large, it is quite fun to compare the data. It seems that Okinawa Electric Power has few hydroelectric power generation.

In addition, since the data for 2016 was also revised at Chubu Electric Power and Tokyo Electric Power Co., we will talk about that in the next blog.